歴史ある四柱推命は的中率が高いらしい…

四柱推命とは数ある占いの中でも大変歴史のあるもので、そのルーツは古代中国にさかのぼりますが、今日の日本でも大変人気があります。陰陽五行説を基盤とし、人々の命運を推測するのですが、その際に用いられる軸となる情報は占ってもらう方の生まれた年、月、日、そして時間です。これらはそれぞれ年柱、月柱、日柱、時柱と4つの柱として扱われ、すべてが重要な要素ですが自分が生まれた時刻を覚えている方は少ないので、時柱を除いた3つを元に占うことも多いです。

しかし正確に占ってもらうにはやはり分かっているほうが良く、できる限り調べることが望ましいです。質の高い易者に占ってもらえば人が生まれながらにして持ち合わせている性格や能力などを正確に見い出し、さらに努力やその後の経験といった後天的な運命も予測し、その後の人生を生きていくうえで有益となる情報、指標を知ることができるのです。

それまでに自身の人生や性格をかえりみて自分から行動を起こしたり失敗しないようにすることは誰でもやってきているのですが、それに加えて今まで自分でも気づかなかった自分の性格や能力を理解することができますから、自己努力であまり良い結果がこれまで無かった方には強くおすすめできるのです。