小説家の夢!自費出版について調べてみた

自費出版とは、文字通り作者が自分で費用を出して本などを出版する事になります。近年は、インターネットが流通しているため興味を持つ人が増えているようです。本が売れて、印税金が多く入り裕福な生活を夢見るケースがありますが、現状は厳しいものです。

本屋に置いてある商業出版のように、流通ルートや販売部数を確保するのが素人は困難であります。しかし、自由なコンテンツ、好きな作品を出版できるのが特長なのでチャレンジするのも良いです。かかる費用や契約面、目的の面などで出版方法は違ってきますが、意味を知ると意外と面白いと言えます。

個人出版を考えている人は、まず、費用やシステムなど基礎的な事を学び、それから業者に相談するようにします。そして、書く内容や分野を決定して、一歩踏み出し個人で出版をしてみましょう。出版会社では、少部数教科書やテキスト出版を専門にして大学で利用されている本もあります。

予算に応じた本が作れて、サイズ、製本、装丁等から選ぶ事が可能です。本を出す事は難しく思われがちですが、仕組みなどを知れば個人出版は意外と簡単になります。並製本から上製本まで少部数体制では、低価格の出版物が完成して他の印刷方法にも対応できます。自分が書いた作品が本になれば、成功への一歩になります。