マリンスポーツの要・ボートの所有には注意が必要?

ボート(もしくは船)を所有するとなると、それなりに気を付けなくてはいけない注意点があります。

まず、購入をすると、船体価格以外にも、他に費用が掛かります。船検費用や保険、エンジンセットアップ費用や船籍取得費などが掛かりますので、ボート(もしくは船)を所有したいのであれば、事前にいくらくらい掛かるのか、きちんと調べてから購入するようにしましょう。

船を新しく購入するとなりますと、漁船タイプの船ですと、とても高い費用が掛かってしまいます。ですが、中古のボート(もしくは船)を安く購入する事で、自分用の船を、手軽に購入する事が出来ます。

一般的なボート(もしくは船)であれば、維持費用は船舶検査のみの料金となります。自動車の自賠責保険の様な、強制保険の費用はありませんので、気軽に購入する事が出来るのではないでしょうか。しかし、ボートを係留させる為の、維持費がありますので、注意が必要です。この保管経費は、船を維持するために、一番お金が掛かる費用です。実際に船を購入をしても、この保管経費を支出する事が難しくて、泣く泣く手放してしまう人もいるのです。

このように、ボート(もしくは船)を購入するのであれば、維持費などの費用に関する注意点をしっかりと学んだうえで、購入をするようにしましょう。